女性の活躍推進加速化事業女性の活躍推進加速化事業

文字サイズ

女性の活躍推進加速化事業について

女性の活躍推進加速化事業とは

東京都では、中小企業における女性活躍を応援するため、女性活躍推進法の行動計画の策定、その計画実行をサポートしています。
企業の実情に応じて段階的に取組をレベルアップしていけるよう、年間を通じて、5種類の研修と交流会を開催しています。
参加無料ですので、ぜひ企業研修としてご活用ください。

女性活躍推進法って?

  • 正式名称を「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」といい、名前のとおり、女性が仕事で活躍できる取組を進めるよう、企業に義務付けた法律のことです。
  • この法律では、女性活躍を進める計画をつくり、進めていくことなどを企業に求めています。
  • これまでは従業員数が301人以上の企業のみ計画策定が義務化されていましたが、法改正により101人以上300人以下の企業も義務化されることが決定しました。
  • 本研修は改正される法律にも、完全対応しています。

女性活躍推進法のイメージ

女性に関する状況把握

把握する項目は4点です。企業の状況に応じて、項目を増やすこともできます。

①最近採用した女性の割合
②男女の平均勤続年数
③毎月の平均残業時間数等の労働時間
④女性管理職の割合

女性に関する課題分析

<女性に関する状況把握>で把握した数値により、企業を6つのタイプに分けることができます。タイプ別に特徴や課題が浮き彫りになるので、それに沿って計画をつくっていきましょう。

女性活躍を進める計画づくり

課題分析で浮き彫りになった課題に対して、いつまでに何をするかの計画をつくります。例えば、女性の採用数が少ない企業であれば「採用者に占める女性比率を○%以上とする」という数値目標を立て、そのために「女性が活躍できる職場であることを積極的に広報する」など、取組内容を定めます。

社員への計画周知

計画をつくったら、労働者の皆さんへ周知しましょう。見やすい場所への掲示、書面で配布、電子メールで送付、イントラネットへの掲載等

計画の公表

公表の方法は2種類あります。

①厚生労働省の女性の活躍推進データベースへの掲載
②自社ホームページへの掲載

女性活躍に取り組んでいる企業であるとPRにもなり、企業イメージやブランド力向上になります。

労働局への届出

公表まですすんだら、「東京労働局」へ届け出ます。

国が実施している「両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)」がもらえたり、えるぼし認定企業として公共調達の優遇が受けられます。

詳しいことは届出の際にお尋ねください。

取組実施効果測定

定期的に<女性活躍を進める計画づくり>で設定した数値目標の達成状況や、取組状況を点検・評価しましょう。

計画実行で困ったら、東京都では計画達成のためのプログラム「女性の活躍推進スピードアップ研修」をご用意しています。

その後の取組への反映

<取組実施・効果測定>を行ったら、結果をその後の取組や次の計画に反映させます。

これにより、女性活躍の取組が継続して、さらにパワーアップして続いていきます。

この頃には、会社の女性たちも意欲を持っていきいきと働くことができ、従業員の採用や定着に大きな効果が感じられるはずです。
さあ、きょうから始めてみませんか!

女性活躍推進に取り組む理由って?

女性活躍に取り組んだ企業は効果を実感しています。人材確保や企業業績UPのため、女性活躍の取組をはじめましょう!

女性活躍に取り組むのは、
女性だけのためではありません!

女性が働きやすいということは、男性にとっても働きやすく、やりがいを感じられる職場づくりにつながります。

「優秀な人材を採用できるようになった」と
実感している企業

女性が活躍している企業、活躍しやすい制度を導入した企業では、労働生産性の向上・採用力の強化などの効果が出ています。

「女性従業員の労働意欲が向上した」と
実感している企業

働きやすい職場に変わっていくことは、今働いている全ての人にとって、いい職場環境が整い、従業員のモチベーションにつながります。

「男性が女性を対等な存在としてみるように
なった」と実感している企業

女性活躍が進むと、企業全体のチームワーク向上につながります。

「従業員の就業継続率が向上した」と
実感している企業

女性がいつまでも働きたいと思える企業になり、人材が定着します。

優遇も受けられます!

国が実施している「両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)」がもらえたり、えるぼし認定企業として公共調達の優遇が受けられます。

このホームページでも、企業名を公表してPRします。